水族館や動物園の就職を目指せる専門学校

MENU

学校の給食の問題について

水族館や動物園の就職を目指せる専門学校 1度大阪では、学校の給食でのご飯に、ふりかけを持参してかけて食べることは良いことなのか良くないことなのかが議論となったことがあり、それがニュースとなって放送されておりました。「たかがふりかけで」と私は思ってしまったのですが、実際は塩分の問題など栄養士からは、ふりかけの持参はよろしくないとの意見も出ていました。しかし、私も学校の給食を食べていたことがありましたが、あまりおいしくないとのことで知られていたりします。温かいご飯が出てくることはあまり無く、冷めた給食で、そのご飯に対して飲むものが牛乳という、組み合わせに疑問を感じるものでした。さすがにご飯やおかずが冷めてしまいますと、おいしく感じなくなるものが多かったのです。

そして私が通っていた小学校での給食は、おかずが出てきましてもご飯類が出てくることは多いというわけではなく、ほとんどがパンだったのです。ご飯の代わりにパンを食べるようにおかずと一緒になった給食だったので、今考えますとちょっと首を傾げてしまうような給食でした。小学生や中学生は子供が成長期なので、給食を提供するのであれば子供のためにもその成長に合わせた給食を出してほしいと願います。


Copyright(c) 2022 水族館や動物園の就職を目指せる専門学校 All Rights Reserved.